プロフィール

フルヤ葵

Author:フルヤ葵
DMvaltでは、◆葵・トーリ
VGvaultでは、向日葵
でプレイさしてもらってます。
最近、ニコ生にはまって
やばいです。
抜けださせない・・・

twitterもやってます。
https://twitter.com/furuyaaoi
↑でやってるのでよければ
フォローお願いします。
基本的にニコ生と
カードのことしか
呟かないはずかな?

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DM環境考察【対談】

今回は対談を「DMの環境」をテーマに4人で話し合ってきました。

フルヤ葵→フルヤ
◆斎藤→斎藤
◆ヴァルハラ→ヴァル
某もこう→もこう

フルヤ「今の環境みんななに握ってるの?」

斎藤「ビックマナ」

もこう「アナゼニス」

ヴァル「ドロマーザビ」

もこう「そういえば、ザビじゃないドロマーってどうなんやろうね?」

ヴァル「ファンクきつそうじゃないですかね?」

フルヤ「形はどんなんなの?」

もこう「キルキルとかじゃなくてチャクラとか大型の超次元出す形です」

ヴァル「じゃあよさそう」

もこう「高知の環境ってどんなんなんですか?」

フルヤ「黒緑超次元のいない環境だよ」

もこう「え?」

フルヤ「ヴァルくんとたちうおが黒緑次元食えるデッキ握ってるからめったにいない」

もこう「こないだ知り合いと話してた時にファンクが弱いじゃないかな?
    っていう話になったんだけどみんなはどう思う?」

斎藤「ファンクは弱くないと思うけどな・・・ドロマーにも強いし、黒緑超次元にはめちゃくちゃ刺さるしね!」

もこう「鬼丸ボーイとかスーパーヒーローじゃ足りないのかな?」

斎藤「うん足りないね。スーパーヒーロー、鬼丸ボーイだと黒緑次元に
   次にホール引かれたら立て直されるからやっぱりファンクが1番かな」

もこう「話は変わるけど、浜松CSの結果すごかったね」

斎藤「あれか・・・・・あんまり好きな結果じゃなかったな」

もこう&フルヤ「たしかに・・・・」

ヴァル「おれ、ネクラ今練ってたのに・・・orz」

斎藤「おう・・けどさ、強いところロストソウルだけじゃない?」

フルヤ「俺も試したけど、ビートには取れるけどビックマナきつかったんだよね」

ヴァル「そうなんだ・・・」

もこう「Λって少し前にvaultで優勝準優勝してたけどどうなのかな?」

フルヤ「ギフトΛ?それとも普通の?」

もこう「どっちも」

斎藤「どっちも弱いんじゃないかな・・・
   ギフトΛは青8枚で引けたら強いだから引きが強いだけだし、
   普通ののΛは白ビックマナ、ドロマー、黒緑次元今の環境にいるデッキにきつそうだからね」

フルヤ「みんなは環境トップってなんだと思う?」

みんな「刃鬼」

フルヤ「おお、みんな刃鬼なんやね!
    けどなんかvaultの結果には出てるけど、
    人数には反映されてないよね、どうしてだと思う?」

斎藤「刃鬼って構築力いるからそれでじゃないかな?
   ゼニスを3から4枚採用してるから構築自体が難しいからね」

フルヤ「なるほどね」

もこう「岡山勢はシータ刃鬼使ってますよ。」

フルヤ「シータ刃鬼ってさ、受けが弱すぎて使う気になれないんだけど」

斎藤「俺もなんだよね」

もこう「イントゥとか強くないですか?」

斎藤「イントゥだけやったらビートに取れないと思うんだよね」

もこう「CSの環境見たらありなんじゃないかな?」

斎藤「ビートって今はやってるし、
   ビート系のデッキにだいたい取れないんだったら
   今の環境ではやってるデッキの中の4割は取れてないから厳しいと思うんだよね」

もこう「あとはパクリオうまく使われると強いんですよね。
    あとライプラ採用されてる方もいるので結構な頻度で出てきますし」

斎藤「それもトリプルマウスで十分じゃないかな?」


フルヤ「ヴァルくんはどう思う?」

ヴァル「シータですか?使ってるので弱いとは言いたくないんですが・・・
    自分が握るとしたら黒刃鬼握りますね。握ることはないと思いますけどw」

もこう「黒獰猛ってどうかな?」

フルヤ「スペースどうするの?」

斎藤「黒は刃鬼でいいんじゃないかな?
   獰猛の種を用意するのが難しいトリプルマウスしかないしね
   オチャッピーのスペースもないし」

もこう「あーそうか」


フルヤ「次なんだけど黒緑次元ってどう思ってる?」

斎藤「ドロマー相手にきついけど、それ以外には文句のつけようがないぐらい強い」

もこう「環境的にジェニーとかの枚数いじった方がいいんじゃないかな?」

フルヤ「おれさ、ジェニー4、ロスマイ1、マナクラ3なんだけどどう思う?」

もこう「今の環境ならそれでいいんじゃないですかね?」

斎藤「けどガレット勝たれたらマナクラが弱くなっちゃうから抜いてロスマイに代えたりしたいんだけど、
   緑の枚数が足りなくなるんだよね」

ヴァル「ドロマー使ってるから僕はあんまり気にしてないですね」

ヴァル「ホワイトグリーンホールが黒緑次元に強いって話聞いたんですけど、どうですかね?」

斎藤「白で有利なところはないと思うな」

フルヤ「ホワイトグリーンホールで多少遅延してもきついと思うんだよね」

ヴァル「そこで耐えられてマナ伸ばされてってのがきついんじゃないですかね?」

フルヤ「けどハンデスうたれるしも相手の盤面も並ぶからブーストしながらホワグリずっと打つち続けることって難しくない?」

ヴァル「そうですね~」

フルヤ「ドロマーってどう思ってるの?」

斎藤「ヴァルくんの形が一番きれいだと思うよ」

もこう「シュバルじゃなくてディアスでもいいんじゃないかな?」

ヴァル「シュバルは必須じゃないですかね?
    赤緑ギフトに盾0枚にされた時シューティングとか源氏で
    チョップルンやられて負けって盤面あると思うんですよ。
    それをカバーするために必須だと思いますね。
    ディアスは試したことがないのであんまりわからないんですけど、
    だして強い盤面がない気があんまりない気がすんですよね」

もこう「それはたしかにそうだね」

フルヤ「俺は環境的に『刃鬼』『黒緑超次元』『ドロマー』
    この3強って考えてるんだよね。
    他に注目してるデッキってあるかな?」

斎藤「黒緑速攻は?」

フルヤ「強いけど、ドロマーのチョップルン、黒緑次元って考えた時にきつそう。
    ビックマナも速攻は必ずメタってるしね」

斎藤「確かにそうか・・・相性的に赤緑ギフトって思ったけど、
   きついかもね。ドロマーにきつそうだし、黒緑次元にトップじゃないと勝てない、
   黒ビックマナには勝てるだろうけど、白ビックマナには負けるって考えたら微妙か」

ヴァル「ドロマーは赤緑ギフトはゲンジとかシューティングとかきついですね」

もこう「もうそれは赤緑超次元みたいな感じやね」

斎藤「ハンデスあるしミスターアクア1枚トリガーしてくれたら
   勝てるんじゃないかな?」

ヴァル「それはそうですね。
    ミスターアクア、トリガーしてくれたら
    ギフトカモンされても勝てます。チョップルンもいますし」

もこう「浜松CSでも結果残してたああいった殴るイエスが気になるんですけど
    ああいうイエスどうなんですかね?」

ヴァル「白黒ホールのイエス組んでまわしたんですけど、
    あんまり強くなかったんですよね。」

斎藤「イエスの白黒ホールって何出すの?」

ヴァル「カトラスや、キル、アンタッチャブルとかですね。」

もこう「浜松CS2位のイエスってミスタ―アクア2枚なんですね。
    他のデッキ見たら3~4枚だと思うんだけどな」

フルヤ「イエスってさ今の環境全部に4割ないし5割のデッキやない?
    使うメリットがないんじゃないかな?」

ヴァル「好きなデッキなのであきらめたくないんですけどそうですね。
    ハンデスとイエスの両刀型今組んで試してるんですけどどうなんですかね」

フルヤ「スペースなくて事故って負けそうなんだよね」

ヴァル「そうですね。何か切ってまでぎりぎりまでスペース切り詰めて作ってますからね」

ヴァル「イエスって今の環境ドロマーにしか強くないんじゃ・・・」

フルヤ「でもヴァルくん苦手なイエスに勝ってたよね?」

ヴァル「そうですね。リアルでもvaultでも勝ちましたけど、
    そんなに勝率はないと思いますよ。」

フルヤ「こんな感じで今日はありがとう」


という感じでお話しさせてもらいました。
それぞれ思っていることは読んでいただいた皆様もあると思います。
今回は4月27日に話したものです。
環境の節目ごとに適当にこういう企画をしたいと思いますので
今後も見ていただければと思います。

協力していただいた方はありがとうございました。
スポンサーサイト

対戦動画あげたよ!ver2

DMの対戦動画7回目とVGの対戦動画1回目です
VGの方は正直解像度が荒いです。
ご了承ください




対戦動画あげたよ!

久しぶりの対戦動画です。
よかったら見てやってください。
コメントしてくれると単純に喜びます。

あいかわらずシャカパチはめっちゃやってます。
シャカパチが嫌いな人は見ないことをお勧めします。






では今回はこの辺でバハハ~イ

覇を採用した構築とプレイングについて

今日は覇の構築&考察的なものについて書けたらなと思います

まずテーマ
①積み込み
②キーコスト

簡単にいえばこの2つです

では①の積み込みから

まあ、これも2つに分けられます
①下から順番に積み込んでトップを確定させていく方法
②上から積み上げて積み込む方法
この2つの方法です。

まずはカードの紹介から
①の方法を取れるカード
Ⅰローズソーサラー
Ⅱブレインストーム
Ⅲシークレットクロックタワー

②の方法を取れるカード
Ⅰ吸い込むナウ
Ⅱライフプランチャージャー
Ⅲフォーチェンスロット
Ⅳ扉に必須なカード(ホーガンブラスター、ポジトロンサイン)

だいたいこんな感じですかね

では、①のカードから順に
話したいと思います。

①-Ⅰ
ローズソーサラー
このカードは基本獰猛とセットで使われることが考えられると思いますが、
このカードをつぶされるとテンポがすごく崩れるってのが採用されない点
だと私は考えています。
また、対イエスとの戦いなった時にパワー4000というのは
イエスをクロスさえしていればただのえさとなり、
速攻性のない、ただのマナ回収以下のカードになり下がってしまいます。
よって採用されないことが多いでしょう

①-Ⅱ
ブレインストーム
これは最近のvault大会で優勝したデッキに入ってましたね。
2コスで動けるので、いろいろな状況で役に立つ
結構柔軟なカードだと思います。
序盤の事故防止にもなり、後半も引けてないカードを無理やり引くことにも使え、
ハンデス対策にもなるカードでしょう。
しかし、イエスのバトウに辛いというのが私の考えで、
覇を使うデッキは呪文がデッキの1/2以上になることがほとんどと言っていいでしょう。
なので、ロストマインドとバトウを十分に警戒しなければなりません。
よって構築上入れることが、難しいカードとなってくるのではないでしょうか?

①-Ⅲ
シークレットクロックタワー
これは3枚掘るカードでなおかつ1枚ボトムに積み込めるカードですが、
やはり運がブレインストームより関与し、ハンデス対策にもいまいち効果を発揮しません。
よってこれを入れるならば、先ほどのブレインストームや、次で話すフォーチェンスロットを
採用されるのではないでしょうか。

②-Ⅰ
吸い込むナウ
これは今の緑の入ってるデッキには必須になっているのでしょうか。
覇のデッキでも4枚積み込める上に、ビート系の除去の役割また手札交換も行える
これを入れないわけはないですね。

②-Ⅱ
ライフプランチャージャー
これを打つと打たないとでは、
ゼニス系のデッキの勝率が変わってくるといっても過言ではないのでしょうか。
これを打った返しのターンにこいつで持ってきてたジャスミン等を使い、
7マナになったところに間髪言わせず、
セブンスタワーで10マナまで行くなんてきれいな動きなんでしょう。
後半でも13マナの時にこれを打ち、
ローゼスや覇を持ってきたりするとそのまま出せたりします。
また、これを打つとハンドキープができ、次のターンN等の動きも柔軟になってきます
イエスのバトウに対しても、墓地に落ちないブーストなので、
かわせるといった点があり、採用は確実なのではないでしょうか。
ただし、枚数を入れて2回目にこのカードを打つと、
墳墓の餌食になってしまう欠点があるので、採用枚数は考えないといけないカードです。
また、吸い込むとの併用が確実なので、
イエスのメスタポを出されると腐るカードが増えてしまうといった点でも、
採用枚数を考えないといけません。

②-Ⅲ
フォーチェンスロット
器用なことができ、イエスのメスタポも刺さらなく、
ビート相手にトリガーでして忍びを持ってきたりなど、
良いカードだと思います。
また覇を使うにしてもボトムを2枚以上仕込みなおかつ
ドローカードとしても優秀
また4枚を見るカードというのはなかなか少ないので、優秀なカードだと思いますが、
最近は少し、ライフプランチャージャーにその場を脅かされているカードではないでしょうか?
ゼニスにつなげるのが今のコントロール対戦の必勝パターンなので、
少しでも確率の上がるライフプランを採用します。
それによって、実際に打つ暇がないということで
抜かれることも多いカードになってきてる気がします。
またイエスに打てば優位にことを勧められるエナジーホールの存在が、
このカードの採用率を悪くしていると考え提案ます。

②-Ⅳ
これは専用のデッキしか入らないため今回は触れずに行きたいと思います。

次に、②のカードのみで行う場合デッキを掘るカードが重要となってきます。

③デッキを掘るカード
Ⅰ1マナブースト系カード
Ⅱセブンスタワー
Ⅲロマネスク
Ⅳ「智」の頂レディオローゼス
Ⅴドロー系カード(トリプルブレイン、エナジーライト等)

これらのカードを使いデッキを掘り進めて②で仕込んだカードを覚え使います
基本2枚掘れるカードがないため
そのところは微調整していくしかありません。
2枚拾えるカードとしてエナジーライトがあるわけですが、
Λやイエスのカウンターを取る上でも、
フォーチェンスロットを採用される方が多いのではないでしょうか?
自分も実際そういった理由から、エナジーライトを採用するよりも、
フォーチェンスロットを採用します。

次に②の方法を取る場合のデメリットの話をしたいと思います。

④しこんだり掘ったりを無に帰すカード
Ⅰアマテラス
Ⅱクリスタルメモリー
ⅢサイバーNワールド
Ⅳホーガンブラスター


②の方法を取る場合、すべてこれらのカードで
無にされるといっても過言ではありません。
だからと言って採用しないわけにはいかないと考えています。
ではその理由を

④-Ⅰ
アマテラス
こいつは白を入れるとたちまち汎用性の塊となるカードです
逆に白が入ってないデッキでは抜いても仕方ないくらいに自分は考えています。
青でドローや除去
緑でブースト、マナ回収
白で盾をしこめる
WGホールがあるだけでだいぶ変わりますね
しかし、白を入れてないと
6マナでドロー、除去、ブーストの3択のみになってしまいます
これだけでも十分なのですが、いまいちぱっとしません。
そもそもアマテラスは5000というパワーなので、
イエスの餌にもなりやすい点があり、
この3択だけでは、必ずしも入れていいカードとなるわけではないと考えています。
では次に、覇を使っときにはデメリットの順番を崩してしまう点があります。
しかし、デッキの中を把握してコストのどれくらいの位置をめくるのかを
確認できるというメリットも存在します。
このとき、コストをだいたい見分ける方法もあるのですが、
次のテーマのキーコストでしゃべりたいと思います。

④-Ⅱ
クリスタルメモリー
これはビート対策としてのカードです
白を入れてる場合、1枚で返せる場合があります。
そのカードを拾ってくるカードですね。
このカードもフォーチェンスロットと枠を争うカードだと考えています
確実に持ってきたい1枚だけ積んでるカードがある場合や
また1度使った忍びを持ってくるカードとしては
相手に見せないでいいのでとてもいいカードだと思います。
しかしこれもメスタポが刺さるカードで出されるとメスタポを処理するまで
腐るカードとなってしまうわけです。
悟られないサーチカードとしてはかなり優秀な部類だと思います。

④-Ⅲ
サイバーNワールド
こいつが厄介です。
覇を使う上でもゼニス系のデットとの同系戦をやる時でも
とにかく邪魔になってきます
しかし、イエスや、ハンデスといったデッキのメタとしても
自分のデッキが回って相手のデッキが回ってないときのハンド確保にもなり、
打つと結構楽になる場面は必ずあります。
また、先ほどにもしゃべったように
覇のデッキは1/2が呪文になることがほとんどだと思うので、
Nワールドを合間合間に打っていかないと、バトウショルダーが刺さって
なし崩しに負けてしまうこともあります。
そういった点から採用しないことはないのですが
その回答に最近はイエス側がチャクラを入れたりといった対策をしてきたりしています。
また覇を使う上でもデッキの中を把握できないうえに積み込みをすべて崩す
こんなカードは入れたくないですね。
コンセプトブレイクにもほどがあります。
しかしそれでも有り余るカードパワーこれに黙らされて入れてしまうわけです。

④-Ⅳ
ホーガンブラスター
専用デッキにい使われるカードこいつから覇が出ることもしばしば
今回はシータカラーの時に使うパターンですが、
単純にトリガーの増加要因ではないでしょうか。
正直あまり好きな使い方ではありませんが
ワンちゃんといった点で使うのでしょうか

まあこんな感じで
めっちゃ長文になって書いてる本人が飽きてきてしまったのですが、
ここから2のキーコストです

まず環境の話から
黒緑速攻
イエス
赤緑ギフト
黒緑次元

ゼニス系(ウエディングをフィニッシャーと置くデッキ)
獰猛覇
ローゼス覇


だいたいこんな感じだろうか

黒緑速攻
これは3以上をめくれば基本勝てます
最低の2コストでも勝てることは多いでしょう

イエス、赤緑ギフト、黒緑次元
5か6でだいたい勝てると思います。


デッキ的にも6が3枚、7が3枚、8が1枚、9が1枚ぐらいだと考えられるので、
目指すべきところは9ですがだいたい6か7くらいで勝てると思われます

ゼニス系、扉、獰猛覇、ローゼス覇
このデッキ系統には覇でGJを勝つことよりも
先出しローゼスをしてスペルデルフィンを出していくことを優先させていきたいです。
とくにゼニス系にはウエディングが入っているため、
最悪負けてしまう可能性も考えないといけません

ちょっとめんどくさくなってきたんで、今回はこの辺で
バハハ~イ!

高知勢の紹介ver2(VG)

昨日言っていたVG勢の紹介

もよもと
彼は、はっきりゆうと見た目ごついので、ヤクザに見える。
言動にも問題があり、「3パン最強!」「G3にライドできなくても勝てる」
といろいろな名言を残している。
ツイッターを始めてから煽ることを覚え、
その標的に今日も誰かが餌食になっていることだろう。
その反面友達思いな一面もある。

しなー
2か月から1カ月かけてプレイングをコツコツと上げてきたプレイヤー
今ではVGvaultのランカーになるほどの実力を持っている
彼のツイッターでの女子力は高く
◆斎藤を狙っているのではないかと思われる
ツイートは多く見られる

karon
皆から一目置かれているプレイヤー
歌唱力もあり、彼とカラオケに行くと盛り上がるそうだ
今は勉強のためVGを休止しているらしいが
少し前にひさしぶりに出たvault大会でも優勝したらしい

junk
彼のガンス愛は目を見張るものがある
いつでもロイパラを使いなのは地元では有名だろう
わりとしなーと一緒にいることが多い

しるびあさん
割と攻撃重視な構築を考えるVGガチ勢
彼の人をだますプレイングはただただ驚愕させられる
わりとツイッターを見てるいるとルーズな人にも見えたりする
最近ではいろいろなカードゲームを始めたいと言っている

まぐろさん
言わずとも知れた高知のVGガチ勢
カードをいつも多く所持しているように見える
彼のツイッターを見ているとしるびあさんを心配しているのがよくわかる
高知のいろんな人のいいお兄さん的存在


VGで関わってるのはこのあたりかな?
書きぬかっている方はスイマセン
ではでは今回はこの辺でバハハ~イ

検索フォーム
リンク
カテゴリ
QRコード
QR
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。